会社有給について(冠婚葬祭)

冠婚葬祭:忌引きについて忌引きとは、親近者が亡くなった時に喪に服すことです。
自分の家族や祖父母等近親者に向けて使うことが多いです。
忌引きの日数は血縁関係によって異なります。
日数の数え方は、亡くなった日もしくはその翌日から起算します。
会社によって異なるので就業規則などを確認しておきましょう。
〈一般的な忌引き休暇の日数〉配偶者:10日間父母:7日間(喪主なら10日間)子:5日間兄弟姉妹:3日間祖父母:3日間叔父・叔母:1日間このような日数が一般的になります。
家庭の事情など亡くなった方について会社に連絡したくない方もいるかもしれませんが、忌引きを連絡する際のマナーとして、お通夜やお葬式などの日時・場所は基本的に知らせるべきで、誰が亡くなったのかなども具体的に報告したほうがいいでしょう。
また、連絡方法も会社によって異なります。
メールでいいのか、口頭なのか、それとも必要な提出書類があるか確認をしておいてください。
社会人として、なるべくメールではなく口頭で報告しましょう。
また、会社によっては、忌引き制度がなく有給になる場合があるので、注意しましょう。