冠婚葬祭を理由に有給休暇を申請できるのか

冠婚葬祭で会社に出社できない場合には、欠勤扱いとなるのでしょうか。
もし、有給休暇制度を利用できる場合には、欠勤扱いを免れることができます。
しかし、有給休暇を取得できるかは、会社によって異なります。
特別休暇扱いとする会社もあれば、何日まで取得できると定めている会社もあります。
では、法律上ではどのように規定されているのでしょうか。
実は労働基準法などでは、冠婚葬祭に関する休暇については定められていません。
そのため、親族が亡くなった場合でも、会社側には休暇を与える義務はありません。
そのため、欠勤扱いとなるかならないかは、就業規則で確認する必要があります。
ただし、有給休暇の申請理由が何であれ、申請を会社側は拒否することはできません。
きちんと事前に申請を行えば、冠婚葬祭を理由に制度を利用することができます。
既に使い切ってしまった場合には欠勤扱いとなりますが、認められないことはないでしょう。
できるだけ早めに連絡をすることで、会社側の許諾を得ることが重要です。